import ayatokura as hack

「IT × 日本のキャラクター文化 × 開発者支援」を通じて"エンジニアの幸福度"を高めるために人生をハックしながら学んだことをお届けします

IT系のコミュニティやイベントの「集合写真」はあり?なし?

皆さん、こんにちは。戸倉彩です。

コミュニティやイベントで人が集まった時、何気なく集合写真を撮影したり、自分自身が主催者側として活動する際には記録として一枚残したいと思うことがありませんか?せっかくの機会なのでイベントを最大限に盛り上がりたいところですが、時と場合によっては参加者の気分やイベントの雰囲気を大きく損ねてしまうことがありそうです。 今回は、以前から気になっていた 「集合写真」 についてワタシなりの考察をお伝えしたいと思います。

1. Twitter でのアンケート結果

短期間で簡単な調査するために、Twitterで投票アンケート を実施してみました。

実施期間: 2018年2月6日~7日の2日間  
実施方法:  @ayatokura よりツイート  
質問: IT系のコミュニティやイベントに参加した際の「集合写真」はあり?なし?  

★アンケートにご協力いただいた皆さま、どうも有難うございました!

結果は次のとおりでした。あくまでもフォロワーさまや、リツイート等によって拡散されたアンケートとなりますので、その点を考慮して参考にしていただければと思います。
f:id:ayatokura:20180216104513p:plain:w550

インプレッション: 16,970  
エンゲージメント総数: 1,442  
投票数: 1,120  

アンケート結果から、56%が「あり」で多数を占める結果となりました。ワタシの中では、
- 女性の「あり」が意外に多い
- 男性の「なし」が意外に多い
と感じました。

ツイートのリプライでは「負担がなければ賛成」「自然な配慮があれば賛成」という声もあり、その通りだと思いました。そこで改めて、集合写真について思いつくことを整理して、どうしたらイベント参加者の負担や自然な配慮を実現できるのか考えてみました。

2. 集合写真のメリット

  • 1枚の写真に参加者が記録できる
  • 記念になる
  • 参加人数が多いイベント等の場合、撮影のタイミングに違う人と話すきっかけが増える
  • レポート等に役立つ
  • 写真でイベント開催を拡散させる(公開OKの場合)

3. 集合写真のデメリット

  • 時間を取られる
  • 撮影場所が必要になる
  • 撮影タイマー等を利用しない場合、撮影する人は写真に入れない

4. 集合写真を撮影する際に気を付けるべきこと

主催者側が気を付けること

  • 撮影するタイミングを適切に決める (後から入れたい人が入ってなかったということが無いように...)
  • 事前に撮影することを告知しておくと親切です (心の準備とか、化粧直し的な時間の余裕があると嬉しいです)
  • 自由参加/必須なのかを伝える (必須の場合は合意を得ておく)
  • 撮影した写真を参加者とどのようにシェアするか考える
  • 撮影した写真の非公開/公開の有無について会話しておく (レポート用、SNS投稿OKなど)
  • 必要に応じてプロの撮影写真家を手配する

    撮影する側が気を付けること

  • 安全な場所で撮影する
  • 全員の顔は入るようにする
  • シャッター切るときの掛け声は明るく
  • 複数人で撮影する場合はどのカメラに目線を送るのか声をかける
  • 全員で決めポーズを取るときは説明する
  • 必ず目をつぶってる人が現れるので複数枚撮影しておく
  • サクッと撮影してサクッと解散できるように心がける

    撮影される側が気を付けること

  • 映り込みたくないと希望する場合は映らない場所に移動する
  • スムーズに集合する
  • 決めポーズがある時はノリでやっておくのが吉
  • 一度撮影したものは残るので表情や服装に気を付ける
  • 混みあっている場合、密着度が増えるのでお互いに配慮する

5. 女性を前列にした集合写真に対する考え方はそれぞれ

女性の参加比率が少ないイベントで、意図的に女性を前列に配置した集合写真が撮影されるケースもありますが、これには様々な理由が存在する場合があることも書き加えておきます。女性の立場から意見すると「見た目が華やかだから」「周りに自慢したいから」という理由はNGにして欲しいものです。

  • レディーファーストのマインドから  
  • 女性の身長を考慮している  
  • 次回のイベント告知等に女性も参加していることを女性向けにPRするため   

f:id:ayatokura:20180216104517j:plain:w450

世の中には写真を撮るのが好き、撮られるのが苦手という人もいます。また、イベントによっては業務として参加している人、プライベートや匿名で参加している人、未成年者も混在します。基本的に「集合写真」の撮影は強要せず、本人の意思による自由参加とし、思い出の瞬間を残せるのがベストですよね。

Have A Happy Life♪
Twitterで最新情報発信中 @ayatokura