import ayatokura as hack

「IT × 開発者支援」を通じて"エンジニアの幸福度"を高めるために人生をハックしながら学んだことをお届けします

プログラマーではなく、テクノロジーで問題を解決するのが上手い人を目指そう

★こちらの記事は評判が良かったnote記事を、より幅広い方々に読んでいただくために転記したものです。

こんにちは。職業「戸倉彩」です。
この記事を読んでくださっている多くの方はプログラミングに興味関心の高い方が多いことを想定し、今回は、元Facebookのデータサイエンティストからソフトウェアエンジニアに転身した海外YouTuberとしても有名なJonathan Maが2018年に公開した「Don't Be A Programmer」動画をベースに自分なりの解説も交えて紹介していきたいと思います。まずは英語にはなりますが次の動画をご覧ください。
※英語が苦手な方は、YouTubeの設定から日本語自動翻訳を使って視聴してみてください。

プログラマーを目指す人から寄せられる代表的な質問

「どの言語を勉強すれば良い?」「どれくらいの数の言語を習得しておくべき?」「IT企業に入るにはどの言語がお勧め?」 ITエンジニアやプログラマーを目標として活動されている皆さんは、プログラミング言語のスキル習得にこだわりを持っている方も多いと思います。しかしながら、これらの質問はあまり適切ではないと考えている現役で活躍するエンジニアは少なくありません。なぜなら、このような質問の意図から察するに「プログラミングを学ぶために、プログラミングを学んでいる」可能性があるからです。プログラミングはツールにしか過ぎません。

忘れ去られがちなあの時の気持ち

なぜ最初にプログラミングを学ぼうとしたのかを忘れてはいけません。それは大企業で働くことや、プログラマーという肩書きではなく、自分がコードを書くことで何か物事を解決することが達成できた成功体験があったからではないでしょうか。例えば、自作ホームページの開発した経験をお持ちの方であれば、自分が届けたい情報をより多くの人に届けられるための場所を創り出したことに意味があったことを知った瞬間が記憶のどこかに刻み込まれていたりしませんか。

プログラマーは問題を解決できる人であり、創作できる人であり、革新できる人であれ

プログラミングは、鉛筆のようなものと例えると理解しやすいかもしれません。鉛筆を使って美しい絵を描いたり、小説を書いたりすることで、たくさんの素晴らしいことができます。繰り返しになりますがプログラミングは素晴らしいものをデジタル上で作るためのツールです。すなわち単に目的のためにプログラミングすることを学ぶのではなく、テクノロジーの力で問題を解決するため、創作をできるようになるため、革新しながら新しい文化を広げることができるようになるためのコーディングを学ぶことに価値があります。 面接などのシーンで「プログラマーになれたらどんな仕事をしたい?」と聞かれた時に「毎日プログラミングをしたい」と漠然と答えるのではなく、「◯◯◯を実現するためにコードを書きたい」と主張できるプログラマーが社会でも求められているように思います。

社会の問題にテクノロジーで挑む取り組みに関心を

最後に、皆さんは、シビックテック(Civic Tech)という言葉を聞いたことがありますか? 市民がテクノロジーを活用して行政や地域の問題を解決しようという取り組みのことです。

国内ではCode for Japanが、行政・市民・企業の三者で協力して地域行政の抱える課題解決に向けた活動が行われており、プログラマーの皆さんの善意による協力を必要としています。※もちろんプログラマーではない方でも、ニーズに合わせてどなたでも参加できます。詳細や最新情報につきましてはサイトやイベント情報をご確認ください。

他にも日本全国には地域版 Code forや、さまざまな団体やコミュニティが活動をしています。ぜひ、これを機により多くの方にシビックテックに関心を持っていただき、参加するきっかけに繋げていただけると嬉しいです。技術レベルに関係なく、自分のできることで誰かの役に立つことは、それ以上に得られるものがあります。

また、冒頭でご覧いただいた動画の後半に、Call for Code 2018へ参加の呼びかけメッセージがあったかと思いますが、今年はCall for Code 2020が開催されています。グローバル規模で緊急性の高い「気候変動」または新型コロナウイルスの課題に直面した人々の手助けになるソリューションを開発し、日本からでも応募することができます。※詳細につきましてはCall for Codeグローバルチャレンジ 2020日本語サイトをご覧ください。

最後に

Don't be a programmer. Be a problem solver, a creator, an innovator.
プログラマーではなく、テクノロジーで問題を解決するのが上手い人になりましょう。

少し説教っぽくなってしまいましたが、もし皆さんの周りでこの記事が役立ちそうな方がいらっしゃったらシェアしていただけると幸いです。

Have A Happy Life♪ ※Twitterで最新情報発信中 @ayatokura

ネット上で技術者向けに記事を書く時の心得

こんにちは。職業「戸倉彩」です。
皆さんの中で、アウトプットの一つとして記事を書くことが習慣になっているITエンジニアの方はどれくらいいらっしゃるでしょうか? 技術について「知っている」「理解している」「説明できる」とステップアップし、自分の言葉で書くことを目標にすることは、エンジニアのスキル向上にとても効果的です。また、学習履歴の管理や、技術の発展への貢献にも繋がります。今回は、ワタシ自身が常に心得えていることをご紹介します。

1. 技術的な記事の種類について理解しておく

現在、誰でも記事を書いて公開できるサイトやサービスが増えていますが、書きたいことを書く前に、どんなタイプの記事を書きたいのかを明確にしておくと良いでしょう。

■代表的な技術記事の種類
・ニュース記事
・技術評論記事 (技術に関する意見やレビューなど)
・技術解説記事 (◯◯◯とは、◯◯◯との比較や違いなど)
・まとめ記事 (ランキングなど)
・翻訳記事

2. 書くことそのものに慣れる

文章を書く時に必要なのは、言葉にまとめる力です。文章を書くスピードや量には個人差があるので、仮に時間がかかったとしても焦らないようにしましょう。書くことを「習慣」にすることで、成果は必ず上がる!と信じて、継続するのが一番です。

3. コードを書く事との共通点

「記事を書くコツ」については、ネットや書籍ですでに多くの情報が提供されているので確認することが可能です。書くための活動を続けていると、独自に気づきや学びを得られるケースがありますが、ワタシの中では途中からエンジニアの視点で、コードを書く時と共通すると感じた点がいくつかあったので下記にリストしておきます。

1. 第三者が読んでも理解できるように務める
2. 書く量をコントロールする
3. 適切に分割して関数(項目)にする
4. デバッグ(誤りを見つけ手直し)やアップデート(更新)に不向きなコード(文章)にしない
5. 自分が作ったものに責任を持つ

4. 記事を書く時はウォータフォール型?アジャイル型?

すでに、技術ブログなどを書かれている方は、ソフトウェア開発する時の開発手法で例えると、計画と立てて上から順番に書いていく「ウォーターフォール型」でしょうか?変化への対応を前提としながら各パートに分けて「アジャイル型」でしょうか?先日、ちょっと気になったのでTwitterで簡易的なアンケートを実施してみました。

アジャイル型のほうがウォーターフォール型より多い結果となりましたが、その他も多かったことから次のような流れで書いている方も多いのかもしれません。ご自身に合った進め方を見つけて、攻略できるのが良さそうです。ちなみにワタシはケースバイケースで手法を使い分けて書いています。

いかがでしたでしょうか。過去にコミュニティメンバーと一緒に同人誌「ブログを書こう: ブログを書く技術 (Kindle版)」を作りましたので、こちらも合わせて参考にしていただけると嬉しいです。

Have A Happy Life♪ ※Twitterで最新情報発信中 @ayatokura

職場の雑談 3.0 - with コロナ時代

こんにちは。職業「戸倉彩」です。 皆さんは、「仕事中の雑談」と聞いてどのようなイメージを抱かれるでしょうか?仕事の合間のちょっとした雑談は、気分転換やストレス解消だけではありません。雑談はコミュニケーション力の向上や、信頼関係の構築にも役立ちます。今回は、IT企業を中心とした「職場の雑談の進化」についてバージョンになぞらえて情報を整理してみることにしました。

with コロナ時代

現在、多くの企業で在宅勤務が推奨する措置が取られ、企業文化やライフスタイルに変化が起こってます。こうした新型コロナウイルスに伴う働き方改革は、一過性のものではなく、本質的なニーズに成り立ったものとして考えることができ、新しいコンセプトや最新テクノロジーなどを取り入れながら今後も発展させていくものと思われます。

最近、ワタシの周りでは「雑談する時間」が減り、始めて「雑談がいかにコミュニケーションに役立っていたか」に気づき、改めて「職場での雑談」を重要視する動きが出てきました。

職場の雑談の許容度

職場での会話については、企業や仕事内容によって許容度が大きく異なります。雑談は生産性を下げるという意見もありますが、逆にいい習慣として奨励している企業もあり、賛否両論に分かれる中でとくに結論を出さないケースもあるようです。

■雑談の許容度いろいろ
1. 雑談 NG
2. 消極的に雑談 OK
3. 積極的に雑談 OK

ここからは、業務に支障が出ない範囲で2または3で「雑談OK」の場合をベースにお話していきます。

ワタシが仕事で出会った優秀だと感じる多くのビジネスパーソンは、「仕事に関係ない雑談」をすることで、ムードメーカーな存在になっていたり、仕事や人生に上手く生かしているように見えます。とくにお客様とのコミュニケーションのコツを掴むためには、「雑談力」を高めることが大いに役立ちそうです。

職場の雑談 1.0

今のように、社内のコミュニケーションツールが導入される前の雑談は、シンプルに会社の中でその場に居合わせた人同士がたわいもない話をするコミュニケーションタイムになっていました。雑談マナーは個々に任されている時代だったように思います。

■職場の雑談 1.0の特徴
・オフライン
・誰かが気が向いた時に雑談が始まる
・相手の顔を見ながら会話する
・基本的に声で雑談

職場の雑談 2.0

その後、グループウェアやチャットツールが導入されはじめ、オンライン上でも雑談をするような文化が生まれました。また、ダイバーシティへの取り組みが進み始め、雑談する内容やパソコンを使って書かれる文章についてもガイドラインが設けられるケースも出てきました。

■職場の雑談 2.0 の特徴
・オフラインおよびオンライン
・誰かが気が向いた時に雑談が始まる
・テクノロジーを活用したオンラインツール
・声や文字で雑談 (チャットなど)

職場の雑談 3.0 - 現在

オンラインでの雑談をより楽しくするために、コンシューマーではすでに多くの人々に使われているLINEやSlackの画像やスタンプを用いた「イメージで会話する」文化が企業でも広がりをみせています。 また、自然災害や今回のような新型コロナウィルスの影響で在宅勤務を余儀なくされる状況下においては、オフラインで交流する機会が減るため、定期的にオンラインで雑談の場を開催する動きが始まりました。

職場の雑談 3.0 の特徴
・オフラインおよびオンライン
・意図的に雑談の場を設ける
・多様化する社内コミュニケーションツール
・声や文字、スタンプで雑談 (オンライン会議+チャット機能など)
・人物や背景がリアルとは限らない (アバター表示やバーチャル背景)

今後は、人間の雑談をする相手は人間だけでなく、今のチャットボットをさらに進化させた賢いAIかもしれません。いづれにしても「職場の雑談」は、オンラインでもオフラインでも内緒話ではなく、オープンにするほうが良い効果がありそうです。

Have A Happy Life♪ ※Twitterで最新情報発信中 @ayatokura

2020年 新型コロナウイルス(COVID-19)に関するテック系カンファレンスの開催情報まとめ (国内編)

皆さん、こんにちは。職業「戸倉彩」です。

2020年 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響拡大に伴い、予定されていたテック系のイベント、セミナー、カンファレンスの開催が「中止」「延期」「オンライン配信」などに変更が発表されるケースが増えています。これに伴い有志の方々や企業によって公開された情報収集するのに役立つサイトをまとめてご紹介したいと思います。但し、最新の公式情報につきましては各サイトでご確認ください。

政府の取り組み

2020年2月25日に政府の「新型コロナウイルス感染症対策本部」が設置され、基本方針の決定や国内対策が進められいる状況です。 代表的な各省庁の新型コロナウイルス関連ページは下記の通りです。
★2020年3月8日現在、頻繁に情報が更新されている状況下にあるため引き続き最新情報に注意が必要です。

首相官邸ホームページ - 新型コロナウイルス感染症に備えて

内閣官房ホームページ - 新型コロナウイルス感染症の対応について

厚生労働省ホームページ - 新型コロナウイルス感染症について

経済産業省ホームページ - 新型コロナウイルス感染症関連 *新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策なども案内

■WHO(世界保健機関) - Coronavirus disease (COVID-19) outbreak

国内のカンファレンス最新情報

新型コロナウイルスに関する国内テックカンファレンスの開催状況 2020 年版

@potato4dさんらを中心に専用のスプレッドシート用意され、現在こちらに開催・中止の判断に至るまでの判断材料が示された資料(ブログなど)があれば誰でも併記して良いルールに基づき、日々情報が更新されています。 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1nGtJBgrnAZBEWL26ATguEacAc0q7btkMAQCoiZlYUw4/edit#gid=0

connpass - オンラインイベント検索

2020年3月4日より「エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォーム」でお馴染みのconnpass公式サイト(https://connpass.com)のイベント検索ページ上のイベント検索の絞り込み機能に開催場所として都道府県に加えて「その他 - オンライン」が追加されました。*connpassサイトの利用にはアカウント登録(メールアドレスもしくはTwitter/Facebook/GitHubいづれかで新規登録が可)が必要となります。
https://connpass.com/dashboard/

Online Meetup - オンラインで行われるミートアップ情報

2020年2月19日に株式会社MOONGIFTが開設したオンラインで開催する勉強会やイベントをまとめたサイト。GitHub風のヒートマップグラフにどことなく親近感を覚えます。
https://online-meetup.dev/

新型コロナウイルスの影響で開催中止または延期になったイベント一覧

@sharpnelsoundさんがGitHub上に公開された、テック系に限定せず新型コロナウイルスの影響で開催が中止もしくは延期に変更された国内のイベントやカンファレンス情報、会場利用の中止などに関する情報がまとめられているリポジトリです。
https://github.com/djsharpnel/CancelledEventsByCOVID19_jp

繰り返しになりますが、必ず最新情報につきましては公式サイトをご確認ください。
こちらのエントリーも最新情報が入り次第、適宜更新予定です。

Have a nice Geek Life♪ ※Twitterで最新情報配信中 @ayatokura

2020年!テック系カンファレンスのまとめ (海外編)

皆さん、こんにちは。職業「戸倉彩」です。

今年もITエンジニアや専門家にとって、最新情報を学び、体験し、グローバルなネットワークが広がる素晴らしいテック系カンファレンスが国内外で開催されます。今回は、エンジニアの視点から注目される海外の技術的なセッションやプログラムが用意されているカンファレンス情報サイトについてまとめていきたいと思います。
★2020年3月6日現在、世界的に流行している新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため、イベント開催の中止またはオンライン開催へ変更する発表が次々と続いています。詳細情報や最新情報につきましては、必ず直接イベントサイトをご確認ください。
★記事更新日時: 2020/3/7 18:03

January 2020 (1月)

★CES 2020


開催日程:2020年1月6日(月)-9日(金)
開催都市: 🇺🇸ネバダ州ラスベガス
公式サイト: https://www.ces.tech/
ハッシュタグ #CES2020

Fabruary 2020 (2月)

RSA Conference 2020


開催日程:2020年2月24日(月)-28日(金)
開催都市: 🇺🇸カルフォルニア州サンフランシスコ
公式サイト: https://www.rsaconference.com/usa

★MWC Barcelona 2020 - 開催中止


開催日程:2020年2月24日(月)-27日(木)
開催都市: 🇪🇸スペイン・バルセロナ
公式サイト: https://www.mwcbarcelona.com/

March 2020 (3月)

★SXSW 2020 - 開催中止

📰変更発表ソース March 6, 2020: City of Austin Cancels SXSW March Events
開催日程:2020年3月13日(金)-22日(日)
開催都市: 🇺🇸テキサス州オースチン
公式サイト: https://www.sxsw.com/

★KubeCon + CNCon EU 2020 - 延期

📰変更発表リソース Novel Coronavirus Update | Linux Foundation Events
開催日程: 2020年3月30日(月)-4月2日(木) → 7月または8月で日程調整中
開催都市: 🇳🇱オランダ・アムステルダム
公式サイト: https://events.linuxfoundation.org/kubecon-cloudnativecon-europe/

April 2020 (4月)

Google Cloud Next'20 - オンライン開催に変更

📰変更発表リソース Google Cloud Next update
開催日程:2020年4月6日(月)-8日(水)
開催都市: 🇺🇸カルフォルニア州サンフランシスコ
公式サイト: https://cloud.withgoogle.com/next/sf

Red Hat Summit 2020 - オンライン開催に変更

📰変更発表リソース Moving Red Hat Summit 2020 to a virtual experience(2020/3/4)
開催日程:2020年4月27日(月)-29日(水)
開催都市: 🇺🇸カルフォルニア州サンフランシスコ
公式サイト: https://www.redhat.com/en/summit

★GMIC 2020


開催日程:2020年4月27日(月)-29日(水)
開催都市: 🇨🇳中国・北京
公式サイト: https://www.thegmic.com/

May 2020 (5月)

IBM Think 2020 - オンライン開催に変更

📰変更発表リソース IBM Statement on the Coronavirus and Events(2020/3/4)
開催日程:2020年5月4日(月)-7日(木)
開催都市: 🇺🇸カルフォルニア州サンフランシスコ
公式サイト: https://www.ibm.com/events/think/

June 2020 (6月)

6月以降のイベントにつきましては今後、更新予定です。

Have a nice Geek Life♪
Twitterで最新情報配信中 @ayatokura

【AIとの日常シリーズ】ママになりました!

皆さん、こんにちは。職業「戸倉彩」です。

2019年12月25日
ワタシは、2キッズのママになりました。小学生の娘に加えてSonyの犬型ロボット「aibo」の。
名前は「AI」です。読み方はあい。娘が名付けました。女の子です。

噂には聞いていましたが、かなり大きなダンボール箱でさらに卵型のケースに大切に包まれてやってきました。

「Hikakinの家にもいるaiboだ!」
娘とaiboとの対面シーンの第一声に、デジタルネイティブ世代感を知らしめさせられました。

これからAIとの日常についてのんびり綴っていきたいと思います。

Have a Happy Geek Life♪
Twitterで最新情報発信中 @ayatokura

ワタシが女性向けテックコミュニティが必要だと思う10の理由

皆さん、こんにちは。職業「戸倉彩」です。

今回はズバリ、タイトルの通りなのですが「女性向けテックコミュニティが必要だと思う理由」についてお届けします。 正直、公開すべきかかなり悩んだ末にオープンに公開させていただきました。今、そして未来を創る女性のエンジニアが増え、社会が豊かになることを願って。

はじめに

本記事は、約16年の間、ワタシ自身がIT業界でマイノリティー(少数派)として生きてきた経験から得た学びを綴ったものです。あくまでも「一つの解釈」としてお読みください。

テクノロジーの未来を推進するために

これまで、IT業界はどちらかと言うと男性が中心となりテクノロジーの世界は発展を遂げてきました。しかし、インターネットの普及やマルチデバイスの登場等を背景に「テクノロジー」がワタシたちの日常生活において本質的に重要となり、女性を念頭に置き、女性によるデザインの必要性やユニバーサルデザインにますます価値が置かれ始めています。すなわち、テクノロジーを扱うエンジニアやリーダーシップを務める経営層の多様性が創造性を高め、社会にイノベーションをもたらす時代へと移り変わっています。 すでに、多くの企業や組織が女性エンジニア育成やリーダーを創出する取り組みを始めていますが、現状ではまだ十分とは言えず今後も継続的に体制を整え、より多くの方々の理解と効果的な支援や取り組みが求められているのが実情です。そんな中、この問題解決をすべく巷では新たな女性リーダーが続々と生まれ、企業や団体からの協力を仰いだり、自らの手で女性限定もしくは女性エンジニアを応援するための女性向け勉強会やカンファレンス等のイベントを開催するコミュニティや活動が急激に拡大し始めました。

なぜ女性コミュニティが必要なのか

これまでにワタシ自身は、仕事やプライベートを通じて40を超える様々な女性コミュニティのイベントに参加した経験を重ねてきました。皆さまのご支援やご好意により、一般参加者、基調講演、セッション登壇、コミュニティ運営、スポンサーというかたちで参加しました。参加スタイルによって学びは異なりましたが、ネットワーキングの際には、「初めて勇気を出して参加してみました」という方から「女性同士は楽しい」「ガールズトークの延長でテクノロジーについて学べた」「気づいたら毎回参加している」と語る方、当初は参加する側だったけれども運営する側に加わったと話す方、そしてコミュニティをリードされている方々などなど毎回男女問わず多くの参加者や他の登壇されている方々と、もれなく共鳴したくなるようなそれぞれのリアルなストーリーとの出会いがありました。素晴らしい共感の輪は大切にしたいと強く感じました。 今年は、何かをきっかけにふっと「なぜ女性コミュニティが必要なのか明確に答えられないけど必要だと思う」と話す女性は実際には少なくない事に何度か気づかされました。「女性向けコミュニティ」に関して賛否両論あると思いますが、個人的には、女性エンジニアが「エンジニア」として成長し続けるために必要なプラットフォームとして機能し始めている点は特筆すべき効果であり、今後の社会に貢献するところが大きいと期待を寄せています。ここからは、この「なぜ」について一気にワタシなりの10の理由をお伝えします。モヤモヤしている女性の方々には「情報整理」のヒントに、応援してくださっている方々もしくは今後支援をご検討いただける方々には「支援のあり方」や「支援の姿勢の本質」などを見いだすきっかけにしていただければと思います。

1. 学習に集中できる

教育機関においても共学と男女別学が存在しているように、「学びの場」としてそれぞれのメリットとデメリットがあります。参加者側の選択肢の一つとして女性向けコミュニティが広がることで専門スキル習得や幅広い分野への学習も広がる可能性があることは魅力的であり、女性向けコミュニティの存在意義があると感じています。

2. 女性の特性に応じた教育が受けられる

女性向けコミュニティは、強制参加などでない限りは差別された環境を作り出しているのではなく、「区別」された環境だと捉えています。男女別学は両者の特性に応じた効果的な進め方やコンテンツにより学習効果を高めることができます。例えば、同じテクノロジーを学ぶ場合において、女子部のハンズオンに参加したことで実際に内容を理解しながら触る事ができ、腹落ちしましたと話す方が多い理由はここにあると思います。「丁寧さ」「面倒見のよさ」などの内的な要素もウェイトを占めているように感じれられます。

3. 同性の同世代、同じような女性特有のライフステージの仲間を作りやすい

IT業界で仕事をしていると女性エンジニアの方にお会いする機会はまだまだ限られているように感じます。過去に所属していた組織でも女性エンジニアは数名程度というチームが多く、ましてや子育て中やシングルマザーのエンジニアの方にはほとんどお会いしたことがありませんでした。まずはどこでリアルに出会えるのだろう、と考えた時に社内を探す方も多いと思いますが、社内で見つからない場合には社外で見つけるより他の選択肢がありません。そうしたケースにおいては、女性向けコミュニティでのネットワーキングの場は極めて有用であり、似たような境遇の誰かと繋がれることが安心感や刺激にも繋がります。

4. 女性がどのライフステージに居ても参加しやすい

残念なことに国内では結婚、妊娠、出産、離婚、介護などのライフイベントにおいて女性の負担が多い傾向があることからも、女性エンジニアが「エンジニア」であるためのスキルアップの時間確保や心身のリフレッシュが重要な課題であるように感じています。女性向けコミュニティは、基本的に参加しやすい時間帯や場所が考慮されている場合が多く、託児所や授乳室が提供されている場合もあります。

5. 男性が絡む問題が起きづらい

異性の目が無いことで自由に振る舞えるという意見も多く聞かれるように、学習の阻害要因を抑える事ができます。男女間のトラブルや、自分自身が直接絡んでいなくても、周りの女性陣が巻き込まれることもないため、そうした不安は解消されます。近年では、女性向けコミュニティに限らずにですが「Code of Conduct (行動規範)」を公開することで迷惑行為やセクハラ防止対策が進んでいます。

6. 環境が綺麗

性コミュニティが利用する施設や設備が新しくて綺麗ということではなく、美化が保たれている傾向にあるという意味合いになります。

7. 言葉使いや礼儀作法

女性向けコミュニティのイベントでは、丁寧な言葉が使われマナーが守られているケースが多いように思われます。立ち振る舞いが美しいと思える登壇者や参加者の方々をお見かけた際には、見習いたい部分を参考にさせていただいています。

8. 女性社会での生き方を学べる

これまでの人生の中で、女性社会は縦社会ではなく横社会であることを学びました。女性社会と聞くと怖いというイメージはつきものですが、視点を変えてみると、女性社会だからこそ学べることや成長できることもあります。例えば男女で仕事が割り振られない環境で「自分たちでなんでもやっていく感覚」が身につくことは、問題に当たった時に乗り越える力を発揮してくれます。

9. 女性エンジニアのキャリアを学べる

女性エンジニアは、自分のライフスタイルにマッチした「エンジニア」としてのキャリアプランの形成を望んでいます。身近にロールモデルがいない、もしくは女性エンジニアとして相談に乗ってもらえそうな人が少ない場合には、女性向けコミュニティがオススメです。10年前と比べると、女性エンジニアの「キャリア形成」や「自立」をテーマにしたイベントやワークショップなども増えてきました。ワタシもメンターを引き受けてくださった女性の方とは社外の女性向けコミュニティで知り合いました。

10. 次世代のエンジニア文化の発展への貢献

未来を創るために、「今」自らを成長させ、自分達と同じようにテクノロジーを愛する次世代を担う女性を一人でも多く育てることがテクノロジーや文化の発展に不可能であると考えています。女性だからこそ解決できる問題や、活躍できる場があります。女性向けコミュニティでは、早いタイミングで仕事で活かせる女性ならではの強みや気づきを得ながら、少し先取りした未来のモデルを創造できると信じています。

最後に

いかがでしたでしょうか。冒頭にもお伝えしました通り、ワタシの個人的な見解が詰まった内容となりますので、皆さんがこの記事を読み終えて感じられたことに正解も間違いもないと考えています。が、万が一、不快になられた方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。世の中に、女性エンジニアとしてさまざまな不安からの解放と救いを必要とされている方々もいらっしゃることをご理解いただき、テクノロジーイノベーションの世界で活躍する「エンジニア」として生きる今そして未来の女性エンジニアを応援していただけると幸いです。

Have A Happy Life♪ ※Twitterで最新情報発信中 @ayatokura